スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメンからみる記憶 



今日はたまたま行った先でスガキヤがあったのでそこでお昼ご飯を召し上がったんだけれど・・・





スガキヤって言ったら


あたしが中学生の頃、トモダチと遊んでてお腹減ったら毎回の様に行ってたさ。





ほんとは3、4杯はラーメン食べれたけどまわりに合わせて1杯だけにしたっけか。





あの、とんこつみたいな味がたまらなくスキで大人になったら目一杯食べたるって思ってたな。





それが実現する。





3、4杯とまではいかなかったけど、


リッチに決め込んで、らーめんとサラダ、あじごはんのセットにしたよ。





ワクワク・・・ドキドキ





食べてみたら、


予想外に裏切られる。





こんなんだったっけか!?




あ、


そうか。





いや、


あたしは裏切られたんじゃない。





スガキヤのラーメンは変わってはいないはず。





あたしの舌が変わったのだ。





色んな味を経験してきたのちの結果だった。





あたしの舌は完全に肥えてしまった。





人間の記憶ってもんはスゴイねぇ。





でも、


なんか寂しかった。





あの中学生の時の思い出が、なんだか廃れていくような。





あたしも無駄に28年生きた訳じゃなかったのね。




人間は生きてる時間分進化してるのさ。





老いて行くのも含め。





こうやって考えると、


なんでもないラーメンが面白くなるなぁ。





でも、


またスガキヤ行きたいな。




スポンサーサイト

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。